Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0840407/centreexcurisonistaalcoi.org/wordpress-4.7.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/storefront/inc/storefront-template-functions.php on line 441

自分でできるなんて

産み分けについては人に聞いたりネットで検索したり、一人目の出産の際に病院で看護婦さんに聞いたりしたが、なかなか難しいと思った。

病院で産み分けをうたっているところも、実際の確率はそれほどでもなくただ、治療に通う頻度や治療代の事を考えるとなかなか行けなかった。

確実性を求めるならきっと病院で見てもらいながらするのがやはり良いのだろうけど、やっぱり通院に割く時間のやりくりやお金の事など考えるとなかなか行けない。

何もせず自然に授かるのが一番なんだろうけど、このピンクゼリーは通院等考えなくていいし、自分で使えてしかも、ゼリーだから滑りがよくなり旦那も満足。
その上、産み分けも出来るなら願ったりかなったり。

なにもしないなら確率は50%。
けど、使ったら80%に上がるなら病院へ行くことを考えると安上がりで済むし主婦としてはとても、使いやすいものでした。

女の子の産み分けは、排卵日よりも前に仲良しをするといいとか、余り濃厚すぎないあっさり目のセックスがいいとか、聞いたことがある。
これは精子が頚管を通るときに女の子の遺伝子を持つ精子が生き残りやすいようにするためだと言う。
ただ、これを実行するなら排卵日を正確に知らなければいけないし自分一人のコントロールでできにくい。
そうなると、より確実性を求めるなら病院へ行くしかない。

ただ、病院へいくとなるとそれなりに検査もし、治療代や薬代を考えるとお金の事だったり制限されてくるし、内診や男性医師に抵抗がある場合難しい。

ただ、このピンクゼリーは自分一人で簡単に使えるし痛みもなくタンポンのように使い方や後始末も簡単でいいと思った。
それに、金額も手が出せないほどではないし、誰に知られることなく使えて、かつ産み分けが出来るならとても便利なものだと思う。

ピンクゼリーで念願の女の子♪女の子が欲しい、産み分けたい人は早く試して