投稿日:

少子高齢化の今だから

私が初めてお墓の購入に立ち会ったのは主人の父親が亡くなられた時でした。
義母に相談され墓石を見に行ったのですが、その時は見るだけに終わりました。
不思議に思い聞いて見ると、土地が空いていなくて今墓石を購入するわけにはいかないという事でした。
とてもびっくりしました。
保育園の待機児童の様に今はお墓まで待たないと購入ができないなんて…。
私も子供達には迷惑をかけたくないので、調べてみると「マンション型のお墓」というものがある事を初めて知りました。
土地がない、少子高齢化の為お墓詣りがいつまでできるか分からないといった今のご時世にはとても理にかなった設備だと思いました。
私もいつ何があるか分かりません。きちんと主人とも話し合いたいと思いました。

私の周りではお墓のマンションタイプを購入した人はまだいませんが、マンション型のお墓は調べれば調べるほど画期的なシステムだなと思いました。
私が知った「マンション型のお墓」はまず、メリットとして
・駅の近くに隣接している場合が多く、アクセスが非常に良い。
・比較的安い費用で購入できる。
・バリアフリーのところが多く、ご高齢のかたでも安心して利用できる。
・屋内にある為天候の心配がない。
・お墓の跡継ぎがいなくても利用できる。
・管理者の方でお花やお線香をかえてくれるので、お花やお線香を用意する必要がない。
・カードキーや館内を監視カメラが作動している為セキュリティが非常に万全である。

デメリットとして自動搬送のため、機械の故障やメンテナンス日に利用できないなどありますが、それを考慮しても少子高齢化の今必要な設備だと感じました。