投稿日:

在宅ワークは自由

はじめ在宅ワークという働き方には魅力しか感じませんでした。家にひきこもるのが好きで、かつ、職場にストレスのある環境が多かった私にとって、家にいながら収入を得られる働き方はまさに理想郷だと感じました。早速私は、副業として在宅ワークを開始しました。思ったよりも単価が安いお仕事が多い、とはじめは感じました。ですが、在宅ワークの単価は、そのまま責任の重さに対して支払われる単価だと、やっていくうちに気が付きました。
在宅ワークといっても仕事の内容はとても幅広いです。学生や主婦が空き時間にできるメールレディとか、PCに長けた方にはプログラミングなどを在宅でしている方もいます。

メールするだけの副業の口コミとして、自分の時間、自分のペースでお仕事を選んでできる一方、自由にばかりすがっていると単価が安いお仕事ばかりになり、時間を無駄にしてしまいます。

家で自由に仕事ができる、という魅力を存分に生かすために、在宅ワークの中でも責任のある程度ある継続依頼を見込めるお仕事を積極的にとっていくようになりました。現在は、在宅ワークのみで生計をたてられています。理想の働き方を手に入れることができました。

在宅ワークは、とても自由である一方、自由をどのように使うかを自分自身が考える必要があるため、考えることや計画をたてることが苦手な方には、それがストレスになってしまうこともあるかもしれません。友人は、在宅ワークよりも職場での働き方が良い、と言っていました。何も考えなくても仕事が降ってくるからです。

一方で、計画をたてるのが好きな人にとっては、大変面白い働き方になると思います。継続しているお仕事のほか、休憩がてらちょっとしたお仕事を受注する等の選び方もできます。ルーティンワークにならないところが、在宅ワークの魅力です。時間の使い方を調節して、新しい内容やスキルを常に取り入れながら働いていくと、自分自身の豊かさにもつながると感じています。